ついに来ました、恐怖の「春運」。
 「春運」と文字だけ見ると、新春の運勢とか何かのキャンペーンのことかと思ってましたが、これは春節の帰省ラッシュのこと。今日から1月22日(旧暦の大晦日)に向けて大移動が始まります。
 今年は例年よりさらに激しいようです。中国交通運輸省によると、春節の前後約40日間に交通機関を利用して移動する人数は、鉄道、飛行機、船、バスなど合わせて、なんと26億人!!の見込みだそうです。去年と比べて11.6%の増加とか。他のサイトなどでは延べ30億人とも言われていて、鉄道の輸送能力をすでにオーバーしているとか。西安の鉄道の切符も昨日の時点ですでに完売になっている路線が少なくありません。
 26億人ですよ。日本人口の20倍、世界人口の3分の1以上が、同時期にこの中国の中であっちへ行ったりこっちへ来たりするんです。改めて中国人口の多さを感じさせられます。
 ちなみに下の写真は、ちょっと前に駅に行った時の写真。駅の入口で荷物検査を待っている人たちです。すでにいつもこんな状態になっていますので、駅に入るのも一苦労です。
駅荷物検査
 下の写真は前に鉄道を利用した時の待合室の様子です。これは帰省ラッシュの時期じゃありません。それでこんなです。この後、改札が開いた時には乱闘状態になりました。では、今の時期なら…。想像したくもありません。
駅改札前
 ですので、この時期に鉄道旅行しようなんて思わないでください。まず切符売り場で行列、駅の入口で行列、待合室で行列、列車に乗るのに行列、列車の中ですし詰め、列車を降りるのに行列、駅を出るのに行列、駅を出て地下鉄やバスに乗るのに行列、当然トイレでも行列です。旅行の大半の時間は順番待ちということになるでしょう。中国人の多さ体験ツアーということならOKですけど。まぁそれも切符が買えたらの話ですがね。
(追記:穴場は1月の23日。こちらの正月一日に当りますので、移動する人はほとんどいません。)

Sponcer Link




[新着記事をブラウザでお知らせ]

ランキングに参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ人気ブログランキングへ 人気ブログをblogramで分析