またこの時期になりました。国慶節、いわゆる10・1です。
 今年のこの秋のゴールデンウィークは、公式には明日から7日間休みのようですが、会社や学校によってまちまちです。
 「今年」と書きましたが、5・1にしてもその他の休日にしても、毎年その直前になって長さが決められるのがこの中国の面白いところで、その時になってみないと分かりません。いろんな分野で<良く言えば臨機応変、悪く言えば行き当たりばったりなのがこの国です。その中で、この10・1は比較的年によって差がないようで、去年も7日間の休みでした。
 毎度のことですが、西安では街中に国旗が掲げられます。この時期に他の町に行ったことがないのでよく分かりませんが、外から来た人たちの多くは、よそではこれほどの光景は見られないと言うので、やはり革命聖地、陝西省ならではのことなのかもしれません。

 国家主席・習近平さんも陝西省の出身で、いわゆる「中国夢」(=チャイニーズドリーム)を掲げて毛沢東路線への回帰と中国の伝統復古を目指していますので、西安がいまだに紅い感じなのも当然のことでしょう。
 それでも、もう反日騒ぎは起こさせたくないらしく、大量の警察を投入して治安をしっかり維持していますので、去年に増して穏やかな雰囲気です。ですので、旅行で来られる方もこの時期でも安心して観光が楽しめると思います。ただ、以前にも書いたとおり、とにかく人出が多い時期ですので、スリ・泥棒・寸借詐欺などなど、常に警戒心はゆるめないよう気をつけてくださいね。

Sponcer Link




[新着記事をブラウザでお知らせ]

ランキングに参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ人気ブログランキングへ 人気ブログをblogramで分析